元寺町界隈

弘前城の東側・道路に沿って続く外濠や東門に面した界隈です。
在府町界隈に隣接しているので、やはり弘前市にとって重要な建物が点在している界隈です。

かつて多くのお寺があった町でしたが、現在は弘前を代表する洋風建築物や教会が点在する町になり、この界隈を歩くと、弘前の江戸時代から昭和の初めまでの建築物に巡り会うことができます。
明治時代に建てられた教会や元呉服店、昭和の始めに建てられた鉄筋コンクリートのビル、これらは現在も市民に愛され大切に使われています。

また、この界隈には江戸時代から作られていた津軽塗を販売しているお店、明治に駐在した陸軍の馬具製品を扱っていた技術をいかして鞄をつくるお店など、大量生産の効率性はないけれど、一つ一つ職人の想いを込めて紡ぐ城下町の手仕事も残っています。

この界隈を歩くと、司馬遼太郎が弘前を評した「物持ちの良い街」を実感することができます。

この界隈に含まれるコース

青森銀行記念館

田中屋

日本キリスト教団弘前教会

カトリック弘前教会

百石町展示館

鍛治町界隈

翠明荘

パティスリー ヴェルジェ

trattoria LIPAGIO

笹の舎