禅林街界隈

弘前城の西南に位置する禅林街界隈です。
かつて弘前藩では、お城だけではなく神社仏閣まで方角や地形が計画的に配慮され、風水を取り入れながら街づくりがされました。

そのため、ここには三十三の曹洞宗のお寺だけが集められ、弘前城の裏鬼門の守る役割と人を集めるための門前町としての役割が期待されたのです。
禅林街の黒門をくぐると一本道の両側には寺院が連なり、どこまでも続く杉並木が藩政時代からの静寂を伝えています。
道の正面にある弘前藩主・津軽家の菩提寺・長勝寺には、重厚感のある三門や鐘楼が歴史の重みを感じさせます。
また、禅林街の南側の高台にある普門院は、杉の大木に囲まれ厳かな雰囲気に包まれています。

禅林街には日本人の心を揺さぶる不思議なパワーが秘められています。

この界隈に含まれるコース

長勝寺

普門院

禅林街

宗徳寺

天満宮

みかみ工芸

菓心 なかむら

大正浪漫喫茶室

大正浪漫喫茶室