【注意】新企画との調整のため、本コースのお申込みを一時停止しております。


弘前のリンゴは日本一の生産量と品質を誇ります。市内の店先には「ふじ」や「つがる」などの他「トキ」「王林」「きおう」など、季節によって多くの品種のリンゴが並び、地元の人は一年中リンゴを食べています。
弘前を訪れてリンゴを食べた人は「みずみずしくて味が濃くて、本当に美味しい」と話してくれます。リンゴに関わりのある建物を訪ね、リンゴのお料理や和菓子・洋菓子・ジュースなどを食べると、あなたはますますリンゴの虜になるはず。美容と健康に良い効果をもたらすリンゴをよく知って、リンゴづくしの一日を過ごしてください。


コースに含まれないスポットにも寄り道できます。街中コンシェルジュがみなさまの「知りたい弘前」のご希望にお応えします。
集合場所:
ベストウェスタン・ニューシティ弘前
開催日 年末年始を除く毎週火・金・土曜日
(毎回1~5名まで)
時間 13:30~15:30
料金 2,000 円
お申し込み 実施日の1週間前まで
  • ※それぞれのコースの開催日時・内容のご相談は2週間前まで承ります。
  • ※天候などにより変更・中止になる場合がございますので、ご了承ください。
  • ※料金には、喫茶店でのお茶とケーキ代を含みます。
お申し込みはこちら

【注意】新企画との調整のため、本コースのお申込みを一時停止しております。

ラグノオ アプリ

1. ラグノオ アプリ

ケーキや焼き菓子の他、「つまんでリンゴ」「パティシエのりんごスティック」「気になるリンゴ」など、リンゴにこだわったお菓子がいろいろ揃っている。焼きたての「パティシエのりんごスティック」を食べることが出来るのはここだけ♪ 焼きたてのサクサク感を是非召し上がれ。

しかないせんべい

2. しかないせんべい

大正15年(1926年)創業のおせんべい屋さん。弘前らしいお煎餅を作りたい、と試行錯誤してうまれたリンゴせんべい「こあき」、さらに林檎を煎餅生地で包んで半生に焼き上げた「らぷる」が人気商品。その他、サイコロ状の林檎がゴロゴロ入った「ゴロゴロクーヘン」など、ネーミングも可愛らしいお菓子がいっぱい。

駅前りんご広場

3. 駅前りんご広場

平成13年(2001年)に完成した広場には、「ふじ」と「王林」が植えてあり、春には白い花が、秋には赤や黄色のリンゴが道行く人の心を和ませてくれる。リンゴの木の剪定技術が弘前公園の桜の木の剪定に活かされている、は有名なお話?

ナカムラ駅前店

4. ナカムラ駅前店

昭和24年創業のお店。お店による美味しいリンゴ情報は、色はより赤く・黄色く、お尻の色は青より黄ばんだ色、指ではじくと弾んだ音がする、ツルの色は青くてシャキッとしたもの、だそう。

甘栄堂

5. 甘栄堂

明治15年(1882年)創業の和菓子の老舗。津軽に昔から伝わる「しおせ」「うんぺい」や、リンゴを使った「雪りんご」「りんごの糖蜜」が有名。店内に飾っている帆船や茶釜はお菓子の生地でできているそう。職人技にも出会えるお店。

小野金商店

6. 小野金商店

昭和3年(1928年)に建てられた藁工芸品を作っていたお店。弘前市の「趣のある建物」として紹介されている。リンゴを発送するときに使う縄や咬を作っていたお店。窓の格子が特徴的な昭和初期の佇まいを残しているお店。

弘前昇天教会

7. 弘前昇天教会

イギリス国教会の伝統につらなるプロテスタント系の教会。明治29年(1896年)に弘前で宣教が始まり、大正10年(1921年)に現在の聖堂が建築された。煉瓦造りの平屋建てで、全体にゴシック様式にまとめられている。煉瓦などの石材は弘前近郊の山の自然石が使われ、柱には青森県特産のヒバ材が使われている。

一戸時計店

8. 一戸時計店

明治30年(1897年)、弘前に陸軍第八師団が設置されると、盛岡や仙台から多くの商人達がやってきた。仙台の三原時計店もその一つで、明治32年(1899年)に弘前店を中土手町に開業した。ハイカラな風見鶏のついた四角錐屋根の時計台が特長のお店。大正9年(1920年)、一番町の一戸時計店がこの時計店を譲り受け、現在に至っている。

名曲&珈琲 ひまわり

9. 名曲&珈琲 ひまわり

心地よいクラシック音楽などの名曲が流れている喫茶店。お店に入ると昭和の香りに包まれて、なんだかホッとするような気持になれる。店内にはゆったりとした時間が流れている。ミートパイ、自家製ホワイトソースを使ったドリア、エビピザ、アップルチーズケーキなどが有名。持ち帰りの商品も充実している。

笹の舎 (ささのや)

10. 笹の舎 (ささのや)

明治17年(1884年)創業。青森リンゴをシロップに漬け、まるごとパイで包んで焼いた「気になるリンゴ」(680円)やリンゴの果肉を和風ゼリー菓子にしあげた「果林」(12個入840円)、リンゴファイバー入りクッキー「津軽」(18枚入1000円)など、青森リンゴを使ったいろんな和菓子や洋菓子が揃っている。広く落ち着いた空間と気さくな店員さん達とのおしゃべりで、津軽の“あずましさ”も体感できるお店。

「りんご公園」プランもあります。 「りんご公園」プランもあります。


本コースでは、りんご公園を経由するコースもご用意しています。

リンゴにこだわった憩いの広場「りんご公園」は、食べたり遊びながらリンゴを学べる施設。
観光施設「りんごの家」、約140年前の農家住宅を復元した「旧小山内家住宅」、りんご公園の全景や津軽の有名な山々を眺望できる「すり鉢山」などもある。
秋にはリンゴ狩りができるのも、お楽しみの一つ。

お申込み時お気軽にご相談下さい。

パティスリー ヴェルジェ

11. パティスリー ヴェルジェ

お店の看板商品は窯出しアップルパイ。芳醇な香りのパイ生地で青森県産リンゴ(ふじ)をたっぷりと包み込み高温で外はサクッと、中はジューシーに仕上げています。シャキシャキとした歯ごたえを残したリンゴでできたアップルパイを是非食べてみてね。

ガイドツアーのお申し込みについて


新企画との調整のため、本コースのお申込みを一時停止しております。
詳細につきましては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ガイドツアー集合場所までのアクセスについて

各ガイドツアーによって集合場所が異なります。
各集合場所へは弘南バスの「土手町循環バス(100円)」が便利ですので、
ぜひご利用ください。