【注意】新企画との調整のため、本コースのお申込みを一時停止しております。


弘前市の中心地である土手町界隈。
飲食店などが集まっているエリアですが、ちょっと歩くと歴史ある建物や老舗、クラシカルでレトロな喫茶店や可愛い雑貨屋さんにたくさん出会います。また、津軽の伝統を守りながら職人技で創られたお洒落なデザインの工芸品や、流行のステーショナリーグッズや生活雑貨を扱うお店には目も心も奪われてしまうはず。
さらに、明治時代に建てられた教会や洋風建築物などは、その美しさと技術の精緻さに惚れ惚れしていただけると思います。
レトロかわいい弘前は大人女子の心もウキウキさせてくれる魔法の街。


コースに含まれないスポットにも寄り道できます。街中コンシェルジュがみなさまの「知りたい弘前」のご希望にお応えします。
集合場所:
まちなか情報センター
開催日 年末年始を除く毎週火・金・土曜日
(毎回1~5名まで)
時間 13:30~15:30
料金 1,000 円
お申し込み 実施日の1週間前まで
  • ※それぞれのコースの開催日時・内容のご相談は2週間前まで承ります。
  • ※天候などにより変更・中止になる場合がございますので、ご了承ください。
お申し込みはこちら

【注意】新企画との調整のため、本コースのお申込みを一時停止しております。

日本聖公会弘前昇天教会

1. 日本聖公会弘前昇天教会

大正9年(1920年)に建設された教会堂は、イギリス積みの赤煉瓦が特徴的な建物。正面右寄りには鐘塔が配置され、外壁に控え壁を設けたゴシック建築様式の教会。教会内は、襖に仕切られた奥に礼拝堂があり、白い壁・登りアーチの美しい飾りそして祭壇があり、120年ほど前に女性宣教師と一緒にアメリカからやって来たリードオルガンは、今でも優しい音色を響かせている。

一戸時計店

2. 一戸時計店

弘前が陸軍の駐屯地であった明治30年(1897年)に建てられた。その時は平屋に四角錐の時計塔のある建物だったが、大正9年(1920年)に現在の2階建てに改造された。風見鶏は明治時代からとんがり屋根の上から弘前の街を見下ろしている。

開雲堂

3. 開雲堂

明治12年(1879年)創業の和洋菓子の老舗。弘前を代表する銘菓「卍最中」の他に、ちょっと話題の懐かしい味「ロシアケーキ」。開雲堂で50年も前から作られている「ロシアケーキ」は、ちょっと固いけど、優しい味のする可愛いクッキー。

HOME WORKS

4. HOME WORKS

普段のなにげない暮らしこそ、お洒落に・自分らしく彩って欲しい・・そんな願いを込めてスタートしたお店。本店には主に雑貨・食器・ベビー用品。3号店にはアクセサリー、4号店は主にステーショナリーグッズ。特に女子に大人気のお店。

パティスリール・ブルジョン

5. パティスリール・ブルジョン

フランスで本場の伝統菓子を学び、帰国後はフランスの伝統菓子「ガトーピレネー」を初めて日本に紹介した東京の名店「オーボンヴォータン」で修行。シェフの創るお菓子には、フランスの香りが感じられます。お菓子の他にクロワッサンやキッシュも人気。

石原洋次郎と弘前

弘前市出身の作家石原洋次郎(1900~1986)は、昭和30年代のベストセラー作家。作家になる前の数年間は弘前中央高校で教鞭と執った時期もあった。
石原洋次郎は弘前について「物は乏しいが空は青く雪は白く、りんごは赤く、女たちは美しい国。それが津軽だ・私の日はそこで過ごされ、私の夢はそこで育まれた」と記している。

ひまわり

6. ひまわり

昭和34年(1959年)創業の喫茶店。店内にはアンティークな家具と弘前を中心に活躍している画家達の絵画がたくさん展示してある。美味しい珈琲とすべて手作りしている軽食やスイーツで、ゆったりと懐かしい時間を過ごしてみては。ドリアやミートパイが人気メニュー。

パティスリー ヴェルジェ

7. パティスリー ヴェルジェ

白を基調としたお店は、貴賓のある洋館をイメージさせる空間。店内にはいろんな焼き菓子や、可愛いケーキがズラリ。特にお薦めなのが「窯出しアップルパイ」。弘前産のリンゴのシャキとした食感とバターの香りのするパイ生地の美味しさは、弘前市民にも愛されています。個包装なので、食べ歩きやお土産にも最適。

カトリック弘前教会

8. カトリック弘前教会

明治43年(1910年)に建築された、尖塔のあるロマネスク様式の木造平屋建ての教会。教会内の荘厳なゴシック様式の祭壇は、慶応2年(1866年)にオランダの聖トマス教会から譲り受けたもの。また、教会の壁面いっぱいに飾られているステンドグラスには弘前の様子も描かれている。

PHOTO

カトリック弘前教会のステンドグラス

PHOTO

キリスト教会のクリーム色の外壁

ガイドツアーのお申し込みについて


新企画との調整のため、本コースのお申込みを一時停止しております。
詳細につきましては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ガイドツアー集合場所までのアクセスについて

各ガイドツアーによって集合場所が異なります。
各集合場所へは弘南バスの「土手町循環バス(100円)」が便利ですので、
ぜひご利用ください。