【注意】新企画との調整のため、本コースのお申込みを一時停止しております。


北辺の城下町は厳しい風雪に耐えながら、幾たびも歓びの季節を待ちわびてきました。雪に閉ざされた冬、人々は籠もって黙々と春を迎える準備にいそしみ、身近な食材を調理して冷えた体と心を温めてきました。長い年月、弘前の人が伝えてきた懐かしい味の郷土料理。ある時は昨日と同じように、ある時は昨日と少し変えて、私たちは豊かで愉しい生活をつくってきたのです。
ひとつひとつ想いを込めて作り出される弘前の味を、お腹いっぱい召し上がってください。


コースに含まれないスポットにも寄り道できます。街中コンシェルジュがみなさまの「知りたい弘前」のご希望にお応えします。
集合場所:
ベストウェスタンホテル・ニューシティ弘前
開催日 年末年始を除く毎週火・金・土曜日
(毎回1~5名まで)
時間 13:30~15:30
料金 1,000 円
お申し込み 実施日の1週間前まで
  • ※それぞれのコースの開催日時・内容のご相談は2週間前まで承ります。
  • ※天候などにより変更・中止になる場合がございますので、ご了承ください。
  • ※料金には店舗情報、飲み物代、容器代を含んでいます。
お申し込みはこちら

【注意】新企画との調整のため、本コースのお申込みを一時停止しております。

弘前駅ビル・アプリーズ

1. 弘前駅ビル・アプリーズ

弘前駅に隣接したショッピングゾーン。雑貨、服飾、軽食などのお店がある。1階には地元のお土産品店が集まっている。

弘前食料品市場(虹のマート)

2. 弘前食料品市場(虹のマート)

駅前にある弘前市民の台所として愛されている市場。鮮魚、野菜、筋子などの魚卵、惣菜など、それぞれ22の専門店が建ち並んでいる。紅ショウガ入りのいなり寿司やイガメンチなど、津軽ならではのお惣菜・食材がたくさん。

このコースの楽しみ方。

ガイドが弘前の人が好きな日常食・郷土料理・お菓子をご案内しますので、皆さんはお気に入りをお買い物して下さい。
(ガイドがお買い物やお食事のための容器はご用意しますが、代金は個人でお支払いください)
お食事予定場所は、まちなか情報センターです。

三笠屋餅店

3. 三笠屋餅店

添加物を使わない、もち米100%の杵つき餅のお餅屋さん。豆大福・あさか餅・よもぎ餅・おはぎ等の他に、季節のお餅、かしわ餅・うぐいす餅・笹餅なども作っている。一番人気はあさか餅。午前中に売り切れてしまうこともある。

洋菓子工房  Noel (ノエル)

4. 洋菓子工房 Noel (ノエル)

煮たリンゴではなく、特別な製法でつくったリンゴをパイでくるんだアップルパイは青森県認定ブランド商品になっている。ほどよい酸味とシナモン味のきいたサクサク感のあるアップルパイは、インターネットで注文を受け全国へ発送している。

肉の富田

5. 肉の富田

明治32年(1899年)に陸軍第八師団が設営され、明治37年(1904年)に「肉の富田」は弘前で創業した。当時、弘前でも肉を食べる習慣はなかったため、主に将校や下士官が利用していたそう。店頭で販売しているカツサンドは人気の商品。

弘前中央食品市場

6. 弘前中央食品市場

白砂糖と黒ゴマがまぶしてある大学芋のお店がある市場。その他にも津軽そば、ラーメン、漬け物、惣菜、野菜、鮮魚のお店が建ち並んでいる。また、市場の食材を使って作った惣菜やお寿司、ケーキのお店も新しく登場。旧さと新しさが共存している街中の市場。

開雲堂

7. 開雲堂

城下町の上品な味を受け継いで100余年の老舗和菓子舗。弘前の市章をかたどった「卍最中」は焦がし皮に小豆を混ぜ込んだ自家製白手芒あんを挟んである。小豆のこしあんを求肥でくるみ、さらに甘酸っぱい赤紫蘇の葉で包んだ「干乃梅」。「有明」「若草山」「ロシアケーキ」など、美味しいお菓子がたくさん・・・

中土手魚菜センター

8. 中土手魚菜センター

新鮮な野菜・精肉・鮮魚はもちろんのこと、すべて手作りのお惣菜など、市民のランチや夕食の心強い助っ人。昔から変わらない懐かしい味、とびっきり甘い果物を見分け、注文すると冷蔵庫から出てくるお魚。お店とお客さんが和気あいあいと話している対面市場。

ガイドツアーのお申し込みについて


新企画との調整のため、本コースのお申込みを一時停止しております。
詳細につきましては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ガイドツアー集合場所までのアクセスについて

各ガイドツアーによって集合場所が異なります。
各集合場所へは弘南バスの「土手町循環バス(100円)」が便利ですので、
ぜひご利用ください。